電話で一気に仲良くなる

LINE電話で距離を縮めよう

出会い系サイトで出会ったあと、LINE交換をするのはとても効率的です。チャットで連絡がとれるだけでなく、LINE電話、ビデオ通話なども出来るので相手との距離を一気に縮めることができます。

 

Skypeなどを利用するのもよいですが、いきなり電話番号やメールアドレスを教えるのは危険なので、LINE電話で声をお互いに聞きながらコミュニケーションが取れればかなり安心できるようになるでしょう。

 

はじめての電話は少し緊張もしますが、いきなり駅前などで待ち合わせして出会うような方法よりもリスクは低く、安全に出会えるようになります。

 

LINE電話であれば、電話してみてあまりにもおかしい人だったり、いきなり陰部を見せてくるような人だったりした場合はすぐにブロックして自分の身をある程度守れます。メールアドレスや電話番号を教えると付きまとわれる可能性があるので、注意しましょう。

 

電話で話すべき内容は?

メッセージでそこそこ会話をしていたとしてもまずは電話でお互いに自己紹介するようにしましょう。

 

名前くらいは名乗っても良いですが、本名を名乗るのはまだ避けて、相手がフルネームで名乗った場合はあなたも名乗るようにしましょう。

 

また、出会い系サイトPCMAXやハッピーメールはどれくらい使っているのかを聞いて、それ以外にはお酒を飲むのかどうか、飲み会をするか、カフェでお茶をするかなど、具体的に一度顔合わせをするように話題を切り替えていきましょう。

 

お酒の話を挟んでおくのはとても大切で、初対面でまじめに出会おうとしている人ならば、いきなりお酒の場で会おうとはしないものですので、お酒を飲むかどうか話しはしておいて、それをタネにいきなり飲み会を提案してくるようならばヤリモクの可能性があります。

 

相手の口調と言葉遣いをチェック

そこそこ育ちの良い人ならば、敬語がきちんと使えるはずで、相手の言葉を遮って自分の話をするようなこともないでしょう。

 

きちんと相手の話を聞いていて、お互いに会話のキャッチボールが出来るようならば、その方は十分信頼できるでしょう。

 

相手の口調、言葉のアクセントなどでもある程度その人の雰囲気は感じ取れるので、最低限のマナーがある人なのかどうか確かめましょう。

 

電話の時間も大切で、社会人が昼間から電話に出れる状態だと、少し心配になりますので、仕事の内容や職種、役職なども聞ける範囲で聞くと良いでしょう。