恋活サイトおすすめ 20代30代に人気のある優良のみ厳選

安全な恋活サイトおすすめが20代30代に人気

友達募集、恋活向けのサービス

人気で知名度の高いPCMAXは今では友達募集、恋活向けのサービスに様変わりしてきていて、真剣な出会いに使わないのがもったいないくらいのサービスになっています。

⇒PCMAXの記事を読む

 

ハッピーメールのほうが恋活目的で利用している人が多い

PCMAXよりはハッピーメールのほうが真剣な出会い目的で利用している人が多いため、地方に住んでいる人はハッピーメールを利用したほうが良いでしょう。

⇒ハッピーメールの記事を読む

 

ミントC!Jメールは恋活アプリ

社会人になって出会いと恋愛のきっかけがほとんどなくなった人同士をつなぐ便利で安全なサービスになっています。

⇒ミントC!Jメールの記事を読む

 

恋活サイトは、使い方次第できちんと出会えます。出会えない人、風俗嬢やデリヘル嬢の営業の場になっていることもあり、未だにサクラと思われてもおかしくないような利用者もいます。

 

そうした人のとる行動や特徴は一昔前に比べるとインターネット上でかなりはっきり分かるように、多くの人が分析してブログに書いているので、業者対策やサクラ排除をせざるを得ない恋活サイトがほとんどになっています。

 

そのため、人気で知名度の高いPCMAXやハッピーメールは今ではその場限りの出会いを探すばと言うよりは友達募集、恋活向けのサービスに様変わりしてきていて、真剣に相手を見つけることができるサービスになっています。

 

ハッピーメールに関してはサイトデザインもPairsやOmiai、タップル、イブイブのような恋活アプリになっていて、社会人になって出会いと恋愛のきっかけがほとんどなくなった人同士をつなぐ便利で安全なサービスになっています。

 

PCMAXは今でもアブノーマルな関係やパートナー探しなどをしている人がいるのですが、今となってはかなりレアな人種で、ほとんどは友達や恋人探しがメインになっています。

 

ただし、気軽なお友達として探している人も多く、そういう人は既婚かどうか、その他のプロフィールで「秘密」という項目を設定している人が多く、真面目な出会いと思わせて実は気軽なお友達探しをしているという人も出てきています。

 

PCMAXよりはハッピーメールのほうが恋活目的で利用している人が多いため、地方に住んでいる人はハッピーメールを利用したほうが良いでしょう。そうしないと登録者がほとんどおらず、ろくに活動できないです。

⇒ハッピーメールの記事を読む

 

逆に都内であればPCMAXもハッピーメールも登録者は多いですが、その分、業者も多く、変な人との遭遇率も高くなるのでプロフィールでの選別や条件による絞り込みなど相手を見抜くスキルも必要です。

 

この場合は地方の人が、そこそこ利用者のいるハッピーメールなどを使ったほうが安全で、あまり恋活サイトを使ったことがない方は都内でも無理に利用しないで気長に使っていったほうが良いでしょう。そうしないと勉強代の方が高くなる可能性があります。

定番の恋活サイトで魅力的なこと

知名度の高いサービスほど田舎や地方でも登録者が多い

知名度の高いサービスほど田舎や地方でも登録者が多く、多少特殊な性癖、趣味のある人でも出会いやすいというメリットがあります。

 

趣味や個性を重視した出会い

オタク専用の恋活サイト、恋活アプリや飲み友を探すための恋活サイト、飲み友マッチングサイトなどもあります。

 

趣味を中心として出会えるように利用するサービス

趣味を先に認めてもらいたい人で、恋人探しもしている人は、趣味を中心として出会えるように利用するサービスを変えていきましょう。

 

知名度が高く、登録者が多いのがPCMAXやハッピーメールの魅力です。東京都内では利用者が1000人いても、岐阜県になると利用者が5人しかいないのでは、そのサービスは岐阜県に住んでいる人にとっては使い物になりません。

 

しかし、Facebook連携で利用できるようなハッピーメール、タップル、Omiaiなどは、岐阜県でも北海道でも登録者が多いため、ある程度出会いのチャンスがあります。

 

知名度の高いサービスほど田舎や地方でも登録者が多く、多少特殊な性癖、趣味のある人でも出会いやすいというメリットがあります。

 

また、近年は趣味や個性を重視した出会いの場も用意されており、オタク専用の恋活サイト、恋活アプリや飲み友を探すためのノミトモという恋活サイト、飲み友マッチングサイトなどもあります。

 

そのため、趣味を先に認めてもらいたい人で、恋人探しもしている人は、趣味を中心として出会えるように利用するサービスを変えていきましょう。

 

知名度が高いだけでなく、趣味に特化しているサービスを利用したほうが可能性が上がる場合があるので、もはや定番の恋活サイトはただ人数が多いだけで、あまりあてにはできません。

 

より本気で活動しているオタク文化に理解がある人などは、オタクでも婚活できるようなサービスの方を重点的に利用するので、活動の場を変えていかないと出会いにはつながらないでしょう。

かかる料金と初期費用の目安

一般的に恋活サイトを利用していく場合、1カ月あたり3000円から5000円ほどかかるものです。

 

初期費用はほとんどかからず、無料会員登録ができますが、免許証の提出が必須になっているため、従来に比べると免許証を提出しているユーザーは信頼できて、きちんと出会いに繋がる可能性が高いです。

 

かかる料金はPCMAX、ハッピーメール共に自分で課金しないとお金がかかることはない前払い制なので、クレジットカードで定期購入のサプリメントを購入したときのような、勝手にお金が引き出されるようなことにはなりません。

 

かかる料金については1pt10円が基本単価で、メッセージ一通送るのに5pt50円ほど、掲示板やプロフィールの閲覧で1pt10円かかるのがほとんどです。

 

恋活サイトのシステムによっては女性ユーザーのあげた動画などを見るために400円から2000円かかるようなものもあります。単価は使用する恋活サイトによって差があるため、無料会員のうちにどんな会員がいて、いくら掛かりそうか考えてから課金するようにしましょう。

 

10000円や15000円課金したほうがポイントが少しお得になりますが、そんなに課金しても実際に出会えるかどうかはわからないので、まずは1カ月分の使いそうな目安の金額3000円を課金してみて、メッセージ、LINE交換の可否などをチェックしてそれ以降課金するかどうか考えてみると良いでしょう。

 

余計にお金がかかるようで、その恋活サイトでよい出会いがない場合は課金せずに、会員数の多い出会いの可能性が高い恋活サイトに切り替えて利用しましょう。

 

男性は何を期待して登録してるの?

男性が恋活サイトに登録する場合、その多くはやましい心があるでしょう。

 

そうでないという人がいるならば、むしろ名乗り出てほしいくらいで、あわよくばセックス目的でセフレとして都合の良い異性に出会えたらいいな、と思っている人が多いです。

 

ハッピーメールのように恋活を中心にして活動しようと方針転換しているサービスでは、まじめに出会いを考えている人も多くなっていますが、PCMAXやイククルなどではまだまだH目的、セックス目的だけで登録してきている人が多いです。

 

また、男女ともにですが、一般的でない性癖があるためにお付き合いする前からその性癖を理解して貰える人を探したくてPCMAXなど少し特殊な出会いでも見つけられそうなサービスに登録している場合もあります。

 

まじめな恋活や婚活をしようとしている人は、PairsやOmiai、タップルなどの本格的な恋活アプリを利用している場合が多いですが、こうした恋活アプリ、婚活アプリは、男女ともにスペックが高かったり、顔面偏差値が高かったりすることも多いので、あまり自信のない方はここで活動するのは大変でしょう。

 

しかし、ハッピーメールやPCMAXならばそこまで厳しい条件ではなく、そこそこ出会いを見つけられるといわれています。

 

男性側もあまり年収やかっこよさに自信がない人が登録している可能性が高いということを理解して活動すると良いでしょう。

⇒PCMAXの記事を読む
⇒ハッピーメールの記事を読む

女性は何に期待して登録してる?

PCMAXやハッピーメールで活動する場合、その多くの女性は、男性と同じくセフレ希望の人も多いですが、近年はただの友達探しやキャッシュバック目当て、隠れた日記作り、部活やサークルの仲間探しなどをする人も多いです。

 

男性に比べると恋活目的の女性は多いですが、出会いのきっかけづくりになればいい、くらいの軽い気持ちで登録している人が多く、最初はメール、LINEでの連絡ばかりが多くなります。

 

また、女性は無料、男性は有料という仕組みを知らないで使っている人は、このPCMAXやハッピーメール内だけでメッセージのやり取りを済ませようとする人も多く、女性が無料だからという立場を悪用して、そのアプリの運営費用を出している男性のことを考えずにダラダラと使い続けるということも多いです。

 

女性がPCMAXやハッピーメールに期待していることは気軽さや、匿名性、無料でこっそりとメッセージのやり取りができることによるメリットを重視しているため、男性からするとそういった女性を排除して、きちんと出会う気がある女性を見つけないといけません。

 

田舎、地方ではなかなか出会いにつながらないことが多いので、どうしても会員数、質のよい出会いにつながらないままになりますが、女性はそこまで出会いに強い気持ちがないことも多く、男性としてはかなり運任せになるでしょう。

 

気長にやり取りして出会っていく方が良い場合もありますが、お金ばかり掛かる可能性があるので、予算に応じてミントC!Jメール、メル☆パラを使ったほうが良い場合もあります。

⇒ミントC!Jメールの記事を読む
⇒メル☆パラの記事を読む

詐欺師や危険な人には気をつけて

恋活サイトや恋活アプリの一部には、クレジットカード詐欺師、パパ活、ママ活詐欺師、古くから有名な美人局などが今でもいます。

 

こうしたユーザーはかなり異性をだますのがうまいので、あまりにもうまく事が進みすぎている場合、思い通りになりすぎている場合には、どこかで疑って危険、リスクがないかよく考えましょう。

 

こうした詐欺師の中には結婚詐欺師のような人もおり、ひどい場合には連帯保証人にさせた上で行方をくらますような危険な人もいます。

 

恋活サイトでは相手の素性や裏の顔、家庭での顔などまではわからないので、信用できる相手かどうか判断し、いきなりリスクのある行為はしないようにしましょう。

 

特に女性は一度危険な男性に身元が割れてしまうと、いきなり帰宅中のルートで襲われて車に閉じ込められ、遠い場所でレイプされてそのまま捨てられるというような危険な目に合うこともあります。

 

また、カバンを盗まれてクレジットカードも、財布も携帯も失って、被害を受けていても結局泣き寝入りすることになるような場合もあります。体目当てのヤリモクならば、まだマシですがそうでない場合には命の危険もあるので恋活サイトを使うときには個人情報は相手に明かさないようにしましょう。

 

これは恋活アプリでも婚活アプリでも同じで、インターネットを介して出会うときには誰もが同じようなリスクを潜在的に背負っていることになります。

 

全員が善人であればよいのですが、そうでない場合がごく少数あるため、相手を過信しすぎないで活動するようにしてください。

出会い系で会った相手と結婚できる?

恋活サイトで出会う相手は、必ずしもセックス目的だけ、体目的だけとは限りません。

 

プロフィール写真、自己紹介で恋活、まじめな出会いを期待しているということを書いておかないといけません。

 

それでも変な人はいるので、相手を厳選して真面目な出会いを期待しているだろうと思える方だけを見抜けるようにしましょう。

 

最初は婚活目的で出会えるとは期待しないほうがよく、恋活からはじめて最終的に結婚前提でのお付き合いにつなげられるかどうかを自分のスキル、コミュニケーションスキルでカバーするしかありません。

 

結婚相談所で高額なお金を支払って、かなり際どい特定の人と会うのと、恋活サイトでたくさんの異性と出会ってその中から良い人を見つけるのとでは、確率はそれほど変わりはありません。

 

良い相手を見つけるか、良い異性になるように育てていく感覚を持つのも大切です。特に男性は最初はセックス目的のほうが強くても、きちんと女性に魅力と力があれば、良い男として育てて結婚相手に見合うようにできるでしょう。

 

恋活サイトで出会った相手でも結婚相手になる可能性はあるので、結局は使う人次第です。

 

中でも恋活アプリとして注目されているハッピーメールはかなり有望株で、PairsやOmiai、タップルにも似たような恋活サイトのデザインで、セックス目的で登録している人が恥ずかしくなるような雰囲気になっているため、恋活から始めたい場合はハッピーメールを利用すると良いでしょう。

 

まずは友達から見つけていって、恋人になれる可能性が高い人、結婚相手になりうる人を見つけたい人は、友達探しもできるPCMAXを利用したほうが良いでしょう。

 

数撃ちゃ当たる戦法で、とにかくまじめにお友達やメル友から始められる人を増やせば、その中から1人、2人は良い人が出てくるはずです。

 

また、そこそこそういった人と仲良くなれば、その人の友人、知人、兄弟など結婚相手として条件を満たす人も見つかりやすくなるので、恋活サイトを賢く生かしてみてください。結局使う人次第で婚活にも恋活にも生かせるので、自分でガンガンせめて出会っていける人はやってみても良いでしょう。

 

クチコミ情報

恋活サイトでの体験談1

私が新しい出会いのために利用したのはPCMAXという恋活サイトでした。

 

PCMAXは私が20代だった頃に軽い気持ちで登録して、セフレやアダルトな出会いを見つけるために利用していたのですが、それほど出会うことはできず、お金が無駄になったので使っていませんでした。

 

数万円ほど利用したのですが結局業者やサクラがいたために一切会えずに二度と使わないと思っていたのですが、運営がようやくきちんとしたサービスをするようになって、サクラや業者を許さないような仕組みに変わり、メル友やもっと気軽な友達募集などから始められるようになった所でまた利用してみることにしました。

 

未婚だったので結婚相談所や婚活サイトなどを調べていて、かなり高額な料金だったために、それならば自分で出会いを見つけたほうが良いと思ってPCMAXから手を付けてみた感じでした。

 

最初は一切期待していませんでしたが、昔に比べるとプロフィール写真がちゃんとしている人が多くなって、メッセージを送っても明らかにリアルなユーザーだろうと分かる人が増えていました。

 

なにより、何人かのユーザーはリアルなLINEアカウントの交換をしてくれて、20代の人との出会いはかなりありました。出会いといっても、LINE交換までですが、相手の住んでいる地域やSNSの有無、年齢や出身校なども分かってしまうため、個人的な十分出会いでした。

 

恋人探しに至るほどではありませんでしたが、良いチャンスにはなりました。

 

また、しばらく続けて利用していると地域のサークルや部活のようなものにも参加するようになり、飲み会を企画するから参加しないかと行ったお誘いも受けるようになりました。特に女性から飲み会の人数合わせ的なお誘いが合った時はかなり嬉しかったのですが、実際会ってみるとバツイチの女性で可愛らしさはありましたが、子どもが中学生でかなり大きく、悩みどころの出会いでした。

 

それでも出会いに繋がる人が一人でもいれば、そこから新しい出会いにつなげていけるので、そういったチャンスが生まれたのは非常にラッキーでした。恋活サイトでも、恋活はできるようなので、あとは私の運とスキル次第で恋人になれそうな人ももしかしたら見つかるかもしれません。

 

恋活サイトでの体験談2

私はハッピーメールを利用して、200人の友だちを見つけました。

 

まずはメル友からと書いていたことと、日記のような物をよく付けていたこと、TwitterとFacebookで同じ画像、同じ言葉をよく利用するようにして、SNS上でもすぐに私だと分かってもらえるようにしていました。

 

日記を書く時、自己紹介を書く時にも必ずその言葉、ことわざを書いてから書くようにしていて、それに気づいた人からはTwitterのDM、Facebookのメッセンジャーで連絡が来るので、基本的にすぐに分かりました。SNSでお友達を増やすことに抵抗がなかったため、この方法でどんどんお友達を増やしていってその中から数人、良さそうな人も見つけられました。

 

SNSでは、もとから利用していた人、サブ垢も簡単にわかるため、恋活サイトよりもSNSで人を探したほうがよほど安全でした。私自身は最初からサブ垢をオープンにしていて、本アカウントは誰にもわからないようにしていたので、危険もありませんでした。

 

良い相手はしっかり厳選したあとにLINEを交換して実際にお茶したり、レストランなどに食事に行ったりしました。

 

さらに、飲み会などを一緒に開催して少しずつ、本当に友達として仲良くなるような感じで仲良くなり、その出会いの中で、異性の結婚相手に見合いそうな人も見つけられました。

 

もちろん、そのつながりで信頼できる人も見つかって、恋人もできました。女性が基本無料で使えるということでお金はかからず、男性からのアプローチやSNSとの連携でどんどん友だちが増えていったので、やはり数打てば良い出会いもあるんだというのが分かりました。

 

ハッピーメールの本来の使い方なのかどうかは分かりませんが、出会いにつながればそれで良いので、賢く恋活サイトを生かしていきましょう。

 

恋活サイトでの体験談3

私は一度結婚をして、しばらく一人でいたのですが、子どもがいたのでそこまで寂しくはありませんでした。しかし、子どもが高校生を終えて、一人暮らしを始めることになり、私もそれと同時に一人暮らしをすることになったため、流石に寂しくなってしまい、恋人、可能であれば、結婚相手、再婚相手を見つけたいと思ったのが、私の恋活の理由でした。

 

バツイチになってから長かったので、何度かそういう出会いのチャンスはあったのですが、子どもがいたことと、バツイチだったことが影響してなかなかうまくいきませんでした。子どもの手が離れてからは、一人で飲み会やオフ会に参加できるようになり、新たな出会いにつながることも多くなりました。

 

私が利用していたのはPCMAXとハッピーメール、ワクワクメールの3種類でした。

 

子育てにかかるお金が浮くようになったため、それまで控えめにしかやっていなかったこれらの恋活サイトにがっつり課金して少しアブノーマルな出会いでもあればいいか、というくらいの感覚でやっていたのですが、思いの外バツイチで新しい出会いを求めている人が多く登録しており、結婚まではいかなくても、バツイチ同士での恋活、恋愛としては十分チャンスが有りました。

 

私の場合は2カ月くらい利用した所で、バツイチの女性と出会ってセフレのような関係になり、その人とは別のバツイチ子持ち女性と恋愛感情を抱いた交際をするようになりました。

 

セフレとの関係がまだ続いていますので、そろそろけじめを付けないと修羅場になるだろうなと思って気をつけていますが、やはり性欲をしっかり満たしあえる、体の相性の良い相手との関係はなかなかやめられません。

 

私に新しい恋人ができたことを、私の子どもは喜んでくれているようですが、あまり家に招くのはやめておくようにしています。子どもと私の育ってきた環境が変わりすぎると子どもが家に帰ってきた時にショックで悲しくなるでしょうから、気をつけるところは気をつけて恋活サイトを活用しています。

 

年齢も年齢なので、私自身があまり若い人に好まれないというのもあって、今のところは大丈夫ですが、子どもと同じ年齢に近いような相手が出てきてしまうとそれはそれで私が気をつけないといけないなと思っています。

 

やはり、バツイチを経験している者同士の恋愛は相手の細かいところまで入り込まず、理解し合いながら、気を使いながらのお付き合いになるので個人的にはセフレよりも気が楽です。

 

体だけの欲求不満を発散するための相手よりは気を遣わなくて済むのでひとまずは、今いる彼女を大切にしていければと考えています。