初メッセージの内容

最初のメッセージは挨拶から

出会い系サイトで最初にメッセージを送る時は、きちんと好意があることを伝えた上で、挨拶をしましょう。

 

軽い自己紹介と、気になったということ、どんなきっかけでサイト内で見つけたのか、どんな目的でアプローチしているのかを伝えるのが理想的です。

 

そこで相手から興味を持ってもらえれば、お互いのことを少し深く知り合えるような他愛のないメッセージを送り合うことになります。

 

趣味や仕事などのほか、同じ地域に住んでいるならばローカルな話題を持ち出すのも良いでしょう。出会い系サイトでもまずは基本の挨拶が大切なので、言葉を選んで、あなたが安全な人であること、まじめな出会いを求めていることを伝えられるようにしましょう。

 

どんな話題が最適か?

最初の挨拶の後は、相手との連絡に合わせてメッセージ内容が変わりますが、たいていはプロフィールに書かれている内容を聞かれたり、同じ県内のどこの市町村にいるのか教え合ったりして、出会うのに現実的なのかどうか確かめ合う場合が多いです。

 

男性の年収が高い場合は、どんな仕事をしているか詳しく聞かれる可能性がありますが、会社名を言えない場合、出会ってからでないと守秘義務の関係でオープンにできない場合は一度社名は濁して、どんな分野の実務をしているか簡潔に話せればよいでしょう。

 

飼っているペットの話題、お互いの共通の趣味の話題を話せたほうが警戒心は解きやすいので、トークスキルやコミュニケーションスキルが求められます。

 

長文にならないようにしよう

出会い系サイトでは一度に送信できる文章に文字数制限がありますが、せいぜい多くても200文字くらいに収めたほうが相手は返信しやすいです。

 

いきなり長文を送りつけられても反応しにくかったり、返事が遅くなったりする要因になるので、注意しましょう。出会い系サイトは女性は無料で使用できるため、女性が返信しやすく、メールを読みやすい文字量で送るのも大切です。

 

ここは男性はメッセージ1通50円かかっているということは忘れて、ケチらずに女性のわかりやすさを重視してメッセージを送りましょう。もし、女性の方が長文を送ってきた場合は多少長めの文にしても良いですが、このあたりも女性のペースに合わせられるようにしましょう。

 

出会い系サイトでは最初に文章力が求められるので、作文の苦手な方には少し敷居が高いかもしれません。