結婚した場合の馴れ初めは

馴れ初めはなんて言う?

出会い系サイトで出会って結婚するに至った場合には、馴れ初めは何だったのか、なかなか公に言いにくいものです。

 

インターネットでの出会いというと最初はセフレ目的だったのではないか、遊びまくっていたのではないかなどと噂されることもあり、親戚や家族には特にこっそりと嘘をついておいたほうがあらぬ噂を立てられずに済みます。

 

意地悪な親戚に出会い系サイトで出会ったことを知られてしまって、2人の授かった子どもをあばずれや尻軽の子どもで誰の子どもかもわからない、というような嫌がらせをいわれる可能性もあります。

 

出会い系サイトへのイメージは世間的には決して良いものではないので、場合によっては他の馴れ初めを世間体を保持するために用意しておいたほうが良いでしょう。

 

どんな馴れ初めなら認められる?

どこで、どんなふうに出会ったことにするのかはとても難しいことですが、夫婦2人で口裏合わせをしておけば問題ないでしょう。

 

この場合、男性からナンパしたとするのもありですが、カフェで会って席が一緒になって出会ったというなど自然な流れで出会ったことをアピールできるのが理想的です。

 

ナンパしたのが男性であれば世間的には比較的許されることが多く、カフェで出会ったというのも意外と話を通しやすいです。

 

また、仕事関係の付き合いで出会ったというのもありですが、立ち飲み屋で意気投合したというのも意外とありです。どこに出会いがあったのか、出会い系サイト以外の自然な流れであればOKなので、2人で合わせておきましょう。

 

出会い系サイトを子どもが使い始めたら?

出会い系サイトで出会った2人、その2人から生まれる子どももえてして親に似た出会いを見つけ出す可能性はあります。

 

インターネット場での出会いが当たり前になってきた今の御時世では、出会い系サイトや恋活アプリで出会う人も多いため、もし子どもが出会い系サイトで恋人を見つけている場合は、学校で教育されていない性教育、コンドームの使用や性病に関する正しい知識を教えてあげるなど出会い系サイトを否定するのではなく、安全な出会いを保持するための知識を真剣に親から子どもに与えてあげましょう。

 

危険な人物、出会ってはいけない人、どんな人が危険かなど子どもや若者ではわからないリスクがあることを伝えられれば、子どもからの親への信頼も高まり、子どもの安全も守れるでしょう。