LINEの交換をするタイミング

PCMAXやハッピーメールとLINE交換

 

恋活目的で出会い系サイトを利用する場合は、結果的にメールアドレスやLINEで連絡をとりあうことになるため、どの段階でLINEの交換をするか考えておかなければいけません。

 

あまりにも早い段階で、女性からLINE交換をしようと言ってくる場合、一通目のメッセージからLINE交換を持ちかけてくるような場合はほぼ100%業者と考えたほうが良いでしょう。

 

一般的なリアルユーザーの女性が自分の身を守れなくなる可能性があることを無視してLINE交換をしようとしてくるのは、必ず裏があります。

 

男性がそれをする場合も、相手に裏があると思われているか、どうせセフレ目的だろうと思われていることが多いので、あまり相手にされません。LINE交換は、メッセージのやり取りを複数回繰り返して、相手が安全であることが分かってからにしましょう。

 

LINEIDを用意しておこう

LINE交換をするためには自分でLINEのメールアドレスを登録しておいたり、LINEでの本人確認や年齢認証などを済ませて、LINEIDを自分で設定しなければいけません。

 

このラインIDはランダムで生成されるのではなく、自分で作ることになるため、年齢確認を済ませてIDを用意できるようにしましょう。この本人確認のためには、携帯電話の契約内容から認証できるようですが、やり方がわからない人はかなり苦戦するでしょう。

 

携帯電話キャリアの事務所でやってくれない場合も多いため、LINEIDを使えるようにするためにいろいろと工夫して先に準備しておきましょう。

 

LINEIDはできるだけ推測しにくく、分かりにくいもので、あなた自身だと分かるようなものにしておく必要があるので、アカウントのIDだと思って設定すると良いでしょう。

 

メッセージ4回目くらいがおすすめ

LINEIDを交換するには、だいたいメッセージを4往復するくらいの所で交換できると良さそうです。

 

お互いに自己紹介から始まり、どんな出会いを求めているのか、恋活なのか、婚活なのかなども早めに確認してしまったほうがよいでしょう。

 

男女ともに、その段階で相性が良いかどうかを確かめて、その後も友人関係でやっていけそうだと思えればLINE交換しましょう。

 

できれば、男性側から会う前に気に入らないようなものがあればブロックしても構わないという趣旨の発言をしておいたほうが信頼してもらいやすいので、男性側から女性の不安を取り除いてあげられるようにしましょう。